相続で残された家族の方たちがもめてしまうと言う事があるようです。そのような事が無いように遺言状を書きましょう。

誰でもわかる!相続手続きの知識集
誰でもわかる!相続手続きの知識集

「相続」残された方たちの為に遺言状を残そう

人にはいつか死が訪れます。いつなのかは、誰にも分りません。そんなときの為に、自分が亡くなった後のトラブル防止の為に、遺言状を書いておくことは、残された家族の方たちにとってもとても良いことだと思います。縁起でもないと思われがちですが、とても大切なことだと思います。相続する物なんてないとお思いの方も、少額の相続でもトラブルに発展する可能性があるので遺言を書くことをおすすめします。

特に仲の悪いご兄弟がいる場合、間違いなくトラブルになり、ますます兄弟仲が悪くなると予想されます。遺言を書き残しておくだけで、遺産分けのトラブルもなくスムーズな相続手続ができる事と思います。その際、遺言書の記載事項として、なぜこのような形になったのかの経緯を書いとくとより一層トラブルが避けられると思います。そして、親心として、今後兄弟仲よくして欲しいと一言付け加えておくと良いと思います。仲の悪い兄弟でも、遺言状に記載されていたら、親の最後のお願いに耳を傾けないわけがありません。

一番は、遺言を書くことで、亡くなった後でも自分自身の気持ちを残された家族に伝える事が出来ます。遺言がなければ、相続の事で残された遺族のトラブルの原因になるかも知れません。大切な家族のために頑張って築き上げたものが、残された家族にとって嫌なものにならないようにしましょう。もう一度書きますが、財産の多い、少ないは関係ありません。残された家族の為に、最後のプレゼントとして遺言を書き残しておきましょう。

Copyright (C)2018誰でもわかる!相続手続きの知識集.All rights reserved.