相続をする時、配偶者と子供がいるときは配偶者に2分の1、残りを子どもたちで分け合うようになります。

誰でもわかる!相続手続きの知識集
誰でもわかる!相続手続きの知識集

相続で配偶者と子供がいる時の配分

結婚をして子供を何人にするかは夫婦で決めることになります。まずは一人と思うでしょう。そして一人が落ちついてきたらもう一人となるかもしれません。当初から一人の予定だったものの双子が生まれることもあります。そうなると最初から二人の子供を育てていくことになります。一人でも大変ですが、二人はもっと大変です。双子を育てた経験のある人も多いですから、そういった人にアドバイスをもらうといいでしょう。そのようにして子供は育っていきます。

自分にとっての配偶者、そして子供は特別な関係になります。それがわかるのが相続の時になるでしょう。もし財産があるのであれば、配偶者と子供に配分されることになります。遺言書がない場合は、この人達のみに配分され、その他の人には配分されません。親がいたり、兄弟がいても行われることはありません。配偶者は一人ですが、子供は一人のこともあれば何人もいる場合があります。どのように分割されるようになるのでしょうか。

まず配偶者にはどの場合にも2分の1が配分されます。子供が一人であろうと十人であろうと関係ありません。では子供の方はどうなるかです。残りの2分の1を子供同士でわけます。一人の場合であれば2分の1がそのままその人の分になります。2人いれば、2分の1をさらに2分の1ずつして分けることになります。3人の時も、10人の時も同じように行っていきます。配分される場合においては、子供が多いほどどんどん配分額は千咲なってしまいます。

Copyright (C)2018誰でもわかる!相続手続きの知識集.All rights reserved.